日記です
http://linecraftwork.blog80.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
Tokyoモーターショウから一週間経過 ダイハツ キャスト スポーツ試乗
2015-11-14 Sat 20:23
先週は東京出張の帰路に二時間だけ東京モーターショー行ってきました

トヨタブースは人だかりで近寄れません ここでは一台も見れなかった

隣のダイハツブースはプロトモデルを展示 おそらくエッセの後継機だと思われます。

ダイハツのブースは本社の社員さんが居られました~質問しても実に好印象

そこに展示されていたキャスト スポーツは発売前もあり注目されていました。

本日が発売日~ということで試乗してきました

乗り出した感じは・・・普通に速く軽くダンパーストロークも十分

某トンネル手前の坂を雨の中シフトダウンしながら上り坂になる地点で100km/h
以上出すと警告メッセージが流れることも確認

途中からフルウェット・・・・正確な車体性能を試せました。

実に好印象・・・高いフレーム剛性 

無意味にアイドリングストップしない

MTモードで7速あることも確認できました

コペン・ロゼと似たようなエンジン特性(ロゼ7ATも以前試乗)

とにかく静かでスムーズ モーターのようでパワー感はないのですが速度は常に・・・かなり出てます(笑)

キャストの3シリーズはライバル会社への対抗車(三車種)という位置着けです

アルトターボと比較して・・・これはキャストスポーツの圧勝です。

アルトターボも試乗しましたが脆弱な足回りが荒れた路面の影響を直接受けてしまう

受け流せない車体 5AGSの出来の悪さ 加速の際にシフトアップされニュートラルタイムの長さによる恐怖感

更にエンジンだけは回る・・・このクルマハドコニトンデイクノ?という80年代のスカイラインジャパンのような味付け


東京モーターショーではアルトワークスが展示されています。

直接 比較すべきはワークスになると思われますのでターボとの比較は意味がないと感じます

キャストスポーツはダイハツの現行技術の組み合わせによる集合体 ロゼの4枚ドア版だと感じます

難点を挙げれば16インチの効果とタイヤの硬さです。

標準タイヤはブリジストンのRE系 ヨコハマのハイグリップならもう少し柔らかい

更に挙げれば・・・椅子のデザインは最高に格好よいのだが座高位置が高く~ボディ全体にスペシャル感がない(これはボディ共用だから仕方ない)

ターボ着けて160万ちょっと・・・帰りにイオン寄りましたが駐車場の多くはダイハツの
車でした。

VOLKS WAGEN(庶民の車)

普通の技術を一世代進めるのは難しい

アルトワークス(5MT)が発売された時に・・・キャストスポーツの高性能版を期待してます




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 
| LINE CRAFT RACING | マチアソビ2015 秋Ver>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| LINE CRAFT RACING |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。